ホーム > 採用情報 > 多田淳一
イメージ
多田淳一
どんな学生時代をすごしていましたか?

高校時代からモーターバイクに興味をもち、実際に競技に参加したり修理、改造を夜中まで行っていました。大学時代もそれが尾を引きアルバイトとモータスポーツ一色で学校へは友達との情報交換、休息の場となりその為、勉強の方は必要最低限でした。

伊藤金属製作所を選んだ理由

小さな頃から親の仕事の関係で金属に触れる機会が多く、実際に自分で金属に穴を空けたり削ったり結合したりと親の手伝いをしていました。その影響からまずは物作りの会社に入りたい、次に金属関係そして家から近い伊藤金属製作所へと巡り合ったと今は思っています。

あなたのお仕事を教えて下さい

私が所属している課は第一次切落し工程で多軸自動盤とNC旋盤を使い3m〜4mの丸や6角材料から多種多様な製品を削り出す部門です。その中で現在加工している製品の品質、原価、作業効率をさらに上げる為、設備改善改造、刃具、加工工程など試行錯誤を行い少しでもみんなが楽をして儲かる課にするのが私の仕事です。

伊藤金属製作所の好きなところ

社内改善提案制度があり日常作業の上で自分が感じた不便さ等を新入社員の時から提案でき、またそれに対する評価が翌月には全員の前で等級(等級に対して現金がもらえる)で発表され改善活動を通じて物事に対する考え方が自然と身につく制度がいいところだと思っています。

仕事のやりがい

今の仕事で言いますと問題点は山の様に有り、その中で特にやりがいを感じるときは生産効率改善でまず案を考え、次に部品や装置など加工取付けを行い、そしてTRY!予想通りの成果や効果が出たときに何とも言えない喜びや達成感が味わえ次への意欲となっています。ただ失敗の方が多いですがやはり一度、喜びや達成感を味わうと忘れられずまた振り出しからやっている事が多いです。

2、3年後の自分

今の問題点を克服しつつ新たな難削材や複合加工製品がサクサクと削れる職場を作る為、伊藤金属製作所オリジナル刃具、油、機械、工法を職場みんなで知恵を出しながらPDCAを繰り返し行い技術力のある職場、人材を育成したいと考えています。

休日の過ごし方

最近のマイブームは自宅から400KM圏内、主に中部、山陰地方で温泉巡りを楽しんでいます。高速から降り山道をグルグルと走り季節の変化を感じながら途中、道の駅などに立ち寄りその土地の野菜果物を買い、最後は、湯上りにその土地の田舎料理とビールで仕事のストレスを発散していますね。

学生へのメッセージ

自分の好きなことに熱中できる人、仕事と遊びをキッチリ分けることができる人が当社に合っていると思います。学生時代は学業、スポーツ、遊び、アルバイトと自分のやりたい事に熱中する。それがいずれ社会に出てから何らかの形で活きてくると思います。

イメージ イメージ
募集要項